Painting Journals with Japanese colored papers.
Visit my gallery for viewing more works.
↓ギャラリーはこちら

Sunday, March 27, 2011

Tiny Pieces 17


"Pink"/ Miki Ohno

Torn Japanese colored paper and acrylic resin on a 2 inch square paper board.
This was made for my urgent need for pink color which works like mental lollipop. 

和紙を5cm四方のペーパーボードにアクリル樹脂で貼付けています。
心の飴玉みたいなものでしょうか、とり急ぎピンク色を見たくなって描きました。

Tuesday, March 22, 2011

Whichever you prefer...


"Golden Moon on the Flow"/ Miki Ohno

It looks OK or even better than before as for the way it flows.
I got this optional idea of vertical setting, thanks to Pete's comment on my previous post.
Actually, i often decide which side should go top or bottom at the last moment when i create this sort of obscure scenery. 

流れ、という点においてはむしろ縦の方が良く見えるかもしれません。
前回Peteさんが他方向から見てもええんでないかいとコメントくださったので
試してみたりして。実際、曖昧な模様みたいな風景画を描くとたいてい最終段階で
画面をひっくり返して、良く見える方に天地を決めています。

Monday, March 21, 2011

Small Pieces 8


"Golden Moon on the Flow"/ Miki Ohno

Torn Japanese colored paper and acrylic resin on 5.5 × 7 inches paper board.

Getting used to the "Tiny Pieces" of 2 inch square during these 3 months, this "Small Piece" was a big challenge to me.   I needed a little more of a stretch to create this landscape.
Almost every time at the beginning of painting, i get lost and start thinking of it might be wrong, failure and trash.  At the last part, some fortune and coincidence rescue me to show much less than what I was planning and something a little more than I expected.  This complex feeling motivates me to start the next piece. 

14cm×18cmのペーパーボードに和紙をアクリル樹脂で貼付けています。
ここ3ヶ月ほど5cm四方のTiny Piecesを制作するのに慣れていたので、この大きさでも
かなり広大に感じます。今回は風景画として少々広がりが欲しかった為、このサイズに
なりました。
たいがい描き始めには、あ、こりゃいかん駄目だ失敗だゴミだ...と思うのですが、
終盤には何やら幸運と偶然に救われて、プラン通りの結果には遠く及ばず、それでいて
期待していた以上の効果がほんの少し生まれたりします。そのような、すっきりしない
気持ちが次作へのモチベーションになります。

Saturday, March 12, 2011

Tiny Pieces 15&16


"Quiet Place" / Miki Ohno



"River Valley"/Miki Ohno

Torn Japanese colored paper and acrylic resin on 2 inch square paper boards.

These two pieces show my characteristic taste of subtle color composition.
Yesterday a large earthquake struck Japan and my room is still messed up with broken glass, CD and fallen shelves.  I'd rather turn my back on them and keep creating some calm and quiet pieces.


和紙を5cm四方のペーパーボードにアクリル樹脂で貼付けています。
私らしい曖昧な色構成の2枚です。
昨日は大きな地震があったので室内に倒れた棚や、CD、割れたガラスなぞ散乱していますが、疲れたので見なかったことにしてお絵描きを続けようと思います。



Miki Ohno's damaged room by the earthquake  

Sunday, March 6, 2011

Tiny Pieces 14


"Solid Blue" / Miki Ohno

Torn Japanese colored paper and acrylic resin on a 2 inch square paper board.
I often keep adding layers on layers until seeing better results.  A view of 2 inch square would show enormous depth and gravity which is different from my intention this time.  Above is an example of the result which supposed to have much lighter texture at the beginning.  This is complete in a way which drives me to create another one to get a satisfactory result. 

和紙を5cm四方のペーパーボードにアクリル樹脂で貼付けています。
思うような結果を得る為にどんどん和紙のレイヤーを重ねてしまうことがあり、
たった5cm四方の空間ですが、当初の意図と違う過剰な重さと深みが生じています。
これはこれで完成しているのですが、次回はちゃんと想定通りのものを創るという
意志をかきたてるきっかけとしての1枚になりました。

Tuesday, March 1, 2011

Tiny Pieces 13


"Opalescent  Tide" / Miki Ohno

Torn Japanese colored paper and acrylic resin on a 2 inch square paper board.
This one came out because one Japanese comment on this series Tiny Pieces 10 happened to remind me of subtle opalescent colors which have been my most favorite.  Opalescent colors can be shown by certain color compositions or layers of thin papers with acrylic resin with lightings.  Even though those colors can be found easily among minerals, shells and wings in nature,  I' d like to create and seal them in my works.  It is funny that many painters are eager to fake and deform some parts of nature and frame them.  I think it's an enjoyable part of art appreciation to see the gap between the fake and the real, and to feel the artists' eagerness for such imitation.

和紙を5cm四方のペーパーボードにアクリル樹脂で貼付けています。
先日、Tiny Pieces 10miyuさんからシェルパール色の使用についてコメントを頂いたことから、お気に入りの微妙なオパール色を今回あらためて表現したく思いました。オパール色は、色構成を工夫して和紙を何枚か重ねた層にアクリル樹脂をからめ、そこに光を透過させると現れることがあります。鉱物や貝殻、昆虫の羽など、本物の遊色効果を自然界で容易に目にすることはできるのですが、あえて自分なりに作って箱庭的空間へ封じ込めたいと思うのです。絵を描く多くの人達が、自然界の一部を模倣し、ゆがめて額に入れたいという衝動をもっています。作品鑑賞する側からみると、模倣された物と本物とのギャップ、そして模倣したがる作者のこだわりを見つけるのも面白いものです。